飲みやすいプロペシアで毛髪改善

噂のプロペシアの効果は

プロペシアの画像内服タイプの育毛剤として日本でもっとも有名なのはなんといってもプロペシアですが、この医薬品を服用すると男性型脱毛症(AGA)の症状が進むのを遅らせる効果を得ることができます。この効果がなぜ育毛に役に立つのかは、男性型脱毛症の原因やプロペシアの有効成分の働きを学ぶことで理解することができます。
プロペシアの有効成分であるフィナステリドには、5α還元酵素の働きを妨げる作用があります。人間の体内にはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンがありますが、これはこの還元酵素と結合することで、別の男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)へと変わります。テストステロンもDHTもともに身体の成長にとって欠かせない男性ホルモンですが、頭部に限るとDHTは害を及ぼすホルモンとみなされています。DHTが頭部の細胞にあるレセプターと結合すると脱毛因子と呼ばれるタンパク質を放出し、これが一定の量に達すると毛母細胞に対して脱毛指令を出します。指令を受け取った毛母細胞は毛髪を成長させるのをやめてしまい、やがて毛球部の退縮がはじまり、脱毛へと至ります。
男性型脱毛症に悩んでいる人はこのような流れによってヘアサイクルが乱れてしまい、薄毛が進行していますが、ここにフィナステリドを投与して5α還元酵素を阻害すると、DHTへと変わるテストステロンの量をおさえることができます。DHTの量が抑制されるということは、脱毛の指令を出すタンパク質の放出量が減ることを意味しており、長期間継続して服用することでヘアサイクルの乱れの進行を防ぐことができます。
プロペシアは、風邪薬や胃腸薬などのようにすぐに現れることはありません。頭部の見た目に変化の兆しが無くても、3~6ヶ月程度我慢してプロペシアの服用を継続することで、はじめて十分な効果を得ることができます。

女性や未成年でもプロペシアを使える?

プロペシアを服用できない女性とても重要なことですので覚えておきましょう。女性は禁忌されているのがプロペシアです。仮に服用してしまうようなことがあると、妊娠している場合、胎児の性器に悪影響を与える可能性があります。またこの医薬品は皮膚からも吸収しますので、触れることさえ禁忌されています。家族にプロペシアを服用している男性がいる場合は、扱いにも注意しなければなりません。子供にも触れさせないようにする必要があります。まだプロペシアが出回っているときは、女性も服用していた時期もありましたが、現在はこのようなことはありません。女性もAGAのように男性ホルモンの影響で薄毛になることがあり、クリニックを受診しても処方されませんが、念のために知っておきましょう。

また未成年にも処方していないクリニックの方が多いです。臨床試験というのはいろんな人を対象にして行っていますが、未成年には行わないのが通例です。社会的倫理観から未成年を対象にした実験をしていませんので、単純にサンプルがないことから、服用を避けた方が良いとされています。よってプロペシアを未成年に処方するクリニックはないといっても良いでしょう。またプロペシアの将来的な副作用についても、まだサンプルが整っていないのもこの医薬品の特徴です。

クリニック側が断れば問題解決しますが、現在はそう単純ではありません。個人輸入を通して購入できる環境が整っていますので、それによって誰でも入手できる環境になっています。未成年でも工夫をすれば入手できますので、このようなことは事前に知っておかないといけません。プロペシアは女性は服用できませんし、未成年も避けた方がよい医薬品になっています。これは守るようにしましょう。
■プロペシアよりも安いAGA治療薬をお求めの方はこちら
エフペシア
フィンペシアの通販