飲みやすいプロペシアで毛髪改善

リーゼントによるM字薄毛とプロペシアやロゲイン

頭髪が薄めの男性学生時代にリーゼントにしていた男性の中には額の生え際から交代するように薄毛になっているケースも在ります。
リーゼントと言うのは、髪の毛をオールバックにするヘアスタイルで、髪の毛を後方に引っ張る形で、チック等の整髪料で固めるため、髪の毛が引っ張られる形になり、薄毛が生じやすくなると言われています。

額の生え際から後退するように薄くなるのがAGAの特徴でもあり、このような薄毛の事をM字型薄毛やM字ハゲと言います。
また、AGAはM字型薄毛と頭頂部が薄くなるO字型薄毛の2つのパターンを持つのが特徴で、後頭部には薄毛が生じないのが特徴になります。

これは、AGAの脱毛症を生じさせている悪玉脱毛ホルモンの働きが在るのが生え際から頭頂部にかけてであり、これらの部位に在る毛母細胞の受容体に悪玉脱毛ホルモンが結び付く事で毛周期を見出し、毛母細胞の機能を停止させてしまうので、新しい髪の毛が生えなくなり、薄毛になる範囲が徐々に広まって行くことになります。

進行型の薄毛でもあり、薄い部分は更に広がり、後頭部以外の髪の毛が全て抜け落ちてしまう事も在るのがAGAの特徴です。

悪玉脱毛ホルモンを抑制させることが出来るのがプロペシアですが、プロペシアと同時に処方して貰えるのがミノキシジルと言う育毛剤になります。

因みに、育毛剤の中にはロゲインと呼ばれているものがあります。
ロゲインは国内では未承認になっている育毛剤ですが、これと同じ育毛剤にはリアップと呼ばれているものがあり、リアップについては承認が行われているため、日本国内で購入が出来るようになっています。

尚、これらの育毛剤はミノキシジルが配合されているのが特徴で、プロペシアは男性のみしか使用することが出来ないのですが、ミノキシジルは女性も利用出来ると言った特徴を持ちます。