飲みやすいプロペシアで毛髪改善

太く復活させるのが飲む育毛剤のプロペシア

飲みやすいと言われるプロペシア飲む育毛剤として市民権を得られたプロペシアですが、まだまだ勘違いしている人も多いです。プロペシアを服用して頭髪の量が増えたように感じる人もいますが、これは本数が増えたわけではないことを理解しなければなりません。根本的に育毛と発毛は、まったく異なっていますので、その違いを知る男になりましょう。

育毛というのは、頭髪を育てる観点があります。これは抜け毛を予防するのもその範囲に入ります。一方発毛は、頭髪を増やす、すなわち毛を生やすことを目的としています。頭皮が透けて見えるような人が求める製品です。この違いを理解しておきましょう。そこから見るとプロペシアの役割は飲む育毛剤ゆえに、頭髪を育てる効果を持ちます。

なぜプロペシアを服用することで、頭髪がまるで復活したように感じるのかというと、髪の毛一本一本が太くなるからです。これは育毛効果の賜物になります。抜けないように育つことで、細かった頭髪が太くなり、それによって回復したように見えます。また男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの影響を受けた毛根というのは、産毛が生えてもすぐ抜け落ちてしまいます。そのような頭髪がプロペシアの抜け毛防止効果を得て、育つことで復活したように見えます。

ただプロペシアには発毛効果は少ないとみるのが通説です。発毛を求めるのであれば、日本で唯一認められている発毛剤のミノキシジルを求めることが良いでしょう。発毛を促進し、そしてAGAの原因となっているジヒドロテストステロンの産生を阻害するプロペシアを同時に用いることで、効果的な増毛計画を立てることができます。ただし抜け毛が気になり、頭皮が透けて見える状態でなければ、プロペシア単独の服用でも十分期待を持つことができます。